内科 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷

「内科」一覧

小児急性虫垂炎

カテゴリー:消化器内科小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 盲腸の内側端に付属する細長い小指大の管腔臓器である虫垂に生じた化膿性炎症疾患。小児急性腹症のなかで最も発生頻度の高い疾...

虫垂カルチノイド

カテゴリー:消化器内科外科一般外科腸・腸間膜

 虫垂壁の粘膜深層に存在する神経内分泌細胞を発生母地とする腫瘍と考えられているが、生物学的悪性度が高い神経内分泌細胞癌と...

気胸

カテゴリー:呼吸器内科外科呼吸器

 外側を胸壁、腹側を横隔膜、内側を心臓などの縦隔臓器として、それらを覆う中皮細胞によって囲まれる左右に分かれた二つの空間...

未熟児動脈管開存症

カテゴリー:循環器内科心臓外科小児小児科乳幼児、子ども心臓出産

この項は現在も執筆途上であることをご容赦下さい。日々更新していきます。  動脈管は子宮内で胎児が成育するために必...

血栓性微小血管症(HUS, TTP)

カテゴリー:内科腎臓・内分泌内科神経内科小児小児科乳幼児、子ども腎臓

 血栓性微小血管症 (Thrombotic microangiopathy:TMA)とは、種々の臓器の微小血管に血栓を生...

急性腎不全

カテゴリー:内科腎臓・内分泌内科腎臓

 急性腎不全とは、急激な腎機能の低下により体液の恒常性が維持できなくなり、高窒素血症、体液過剰、水電解質異常などを呈する...

ランゲルハンス細胞組織球症

カテゴリー:内科小児小児科乳幼児、子ども

 LCHは、骨髄由来の抗原提示細胞であるランゲルハンス細胞が皮膚、骨、リンパ節、肺、肝臓、脾臓、中枢神経系などの臓器にモ...

サイトメガロウイルス感染症

カテゴリー:内科小児小児科乳幼児、子ども感染症予防

 サイトメガロウィルス(CMV)はヘルペス群第5番目のDNAウイルスである。ウイルスゲノムは240kb、直径200nmで...

メッケル憩室

カテゴリー:消化器内科外科一般外科小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 メッケル憩室は最も頻度の高い腸管奇形であり、発生頻度は無症状例を含めると1~4%といわれ、性差では2倍ほど男性に多い傾...

高血圧症

カテゴリー:内科循環器内科血圧

 血圧は連続性の分布を示すので、どの血圧レベルから高血圧と診断するのかについては心血管疾患発症のリスクや治療効果などを参...

低LDLコレステロール血症

カテゴリー:糖尿病・代謝内科外科代謝(糖尿、肥満など)

 通常、低脂血症は総コレステロール120mg/dl未満、中性脂肪値50mg/dl未満、HDLコレステロール値40mg/d...

僧帽弁疾患

カテゴリー:循環器内科外科心臓外科心臓

 僧帽弁は大きな前尖と小さな後尖から成り、それぞれ3つのscallopに分けられ、左心室の前、後乳頭筋および腱策により支...

てんかん

カテゴリー:内科総合内科神経内科外科脳神経外科小児精神精神科乳幼児、子どもこころ

世界保健機構(WHO)はてんかんを、「大脳神経細胞の過剰な発射に由来する、反復性の発作を主徴とする慢性の脳疾患」と定義し...

神経芽腫

カテゴリー:神経内科小児小児科乳幼児、子ども

 神経芽腫は乳児期の自然退縮をきたすような予後良好なものと、年長児の極めて予後不良なものの2群に分類される。  わが国...

パルボウイルスB19感染症

カテゴリー:内科総合内科小児小児科乳幼児、子ども感染症

 ヒトパルボウイルスhuman parvovirus B19 (B19)の感染により、伝染性紅斑、関節炎、紫斑病などを呈...

HTLV-I感染症

カテゴリー:内科小児小児科乳幼児、子ども感染症予防

 HTLV-IはヒトT細胞白血病ウイルスI型(human T-cell leukemia virus type I)の略...

小児のヘリコバクター・ピロリ感染症

カテゴリー:感染症内科小児小児科乳幼児、子ども感染症

はじめに  ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori,以下H. pylori)はエジプトのミ...

高血圧性腎硬化症

カテゴリー:内科循環器内科腎臓・内分泌内科心臓腎臓血圧血管

 腎硬化症を含む腎機能障害は慢性腎臓病(chronic kidney disease: CKD)と総称され、腎臓病の早期...

結核

カテゴリー:感染症内科小児感染症

【概要】    結核は結核菌による感染症である。かつては猖獗をきわめた感染症であるが、第二次大戦後抗結核薬の開発・...

小児糖尿病

カテゴリー:糖尿病・代謝内科小児小児科乳幼児、子ども代謝(糖尿、肥満など)

 従来、小児糖尿病の大半は1型糖尿病であると考えられていたが、小児においても成人と同様に2型糖尿病が数多く存在する。糖尿...

1型糖尿病

カテゴリー:内科糖尿病・代謝内科代謝(糖尿、肥満など)

 体のなかで血糖を下げる唯一のホルモンであるインスリンの産生細胞(膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞)が破壊さ...

糖尿病の運動療法

カテゴリー:内科糖尿病・代謝内科代謝(糖尿、肥満など)

 2型糖尿病において、運動療法は食事療法、薬物療法と共に重要な治療方法の一つである。運動療法の目的の一つはインスリンの効...

糖尿病

カテゴリー:内科糖尿病・代謝内科代謝(糖尿、肥満など)

 糖尿病は一言でいうと血液の中に含まれるブドウ糖の濃度(血糖値)が高い状態が長く続く病気です。血糖値がある程度高くなると...

症候性肥満

カテゴリー:内科糖尿病・代謝内科代謝(糖尿、肥満など)

 肥満は身体に脂肪が過剰に蓄積した状態である。肥満による合併症がすでに存在するか、またその発症が予想され,医学的管理の必...

小腸・大腸悪性リンパ腫

カテゴリー:内科消化器内科血液・腫瘍内科外科一般外科大腸・肛門外科腸・腸間膜

 悪性リンパ腫は地理病理学的に変化に富むので,本項では,本邦の悪性リンパ腫を中心に述べる.  悪性リンパ腫(mal...

血球貪食性リンパ組織球症

カテゴリー:感染症内科小児小児科乳幼児、子ども感染症

 血球貪食性リンパ組織球症HLH (Hemophagocytic lymphohistiocytosis)の最も典型的な...

下肢静脈瘤

カテゴリー:内科循環器内科外科一般外科血管外科形成外科血管

 静脈瘤とは静脈が拡張,蛇行している状態で,静脈血の還流障害をきたした形態的,機能的障害である.静脈瘤は下肢に好発し,そ...

下大静脈塞栓症

カテゴリー:内科循環器内科外科血管外科心臓外科血管

 下大静脈の塞栓症は稀な疾患で,塞栓源として下肢深部静脈血栓症,腫瘍塞栓(腎細胞癌,肝細胞癌など)があげられる.下肢の深...

静脈炎および静脈血栓症

カテゴリー:循環器内科外科血管外科血管

 静脈壁の炎症は血栓を発現させ,静脈中の凝血は静脈壁の炎症を惹起するため,静脈炎と静脈血栓症を臨床上区別することは実際的...


このページを印刷

診療科別