腹 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷

「腹」一覧

ロタウイルス感染症 ・ ノロウイルス感染症

カテゴリー:内科小児小児科感染症

 感染性胃腸炎の中でウイルスを原因とするものの割合は高く、小児の散発例ではロタウイルスが25-30%で最多を占め、次いで...

消化管異物

カテゴリー:外科一般外科小児小児科小児外科乳幼児、子どものど食道予防

 口から誤飲して消化管に入った、外来性の異物を消化管異物と呼ぶ。形状や臭い、味に関わらず、身近にある口の中に入りうる全て...

Hirschsprung病

カテゴリー:外科大腸・肛門外科小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 Hirschsprung病は1888年にHarold Hirschsprungにより2例の巨大結腸を呈した重症の慢性便...

腸管偽閉塞症

カテゴリー:外科大腸・肛門外科腸・腸間膜

 腸管(特に大腸)が著明に拡張し腸閉塞症状を呈するものの、明らかな機械的閉塞がない状態を指す。  Ogilvieが...

過敏性腸症候群

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 過敏性腸症候群とは、大腸を中心とした消化管の機能異常により、排便に伴う腹痛や腹部不快感、あるいは下痢や便秘などの便通異...

小児急性虫垂炎

カテゴリー:消化器内科小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 盲腸の内側端に付属する細長い小指大の管腔臓器である虫垂に生じた化膿性炎症疾患。小児急性腹症のなかで最も発生頻度の高い疾...

急性虫垂炎

カテゴリー:外科一般外科大腸・肛門外科腸・腸間膜

 発生頻度は1000人に1~1.5人といわれている。すべての年齢層に起こりうるが、10歳代にもっとも多く、10歳未満およ...

壊死性腸炎

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 壊死性腸炎(Necrotizing Enterocolitis:NEC)は、主に新生児集中治療室(Neonatal I...

炎症性腸疾患

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 炎症性腸疾患[inflammatory bowel disease:IBD]は慢性持続性の腸炎を起こす難病である。 ...

腸アニサキス症

カテゴリー:外科大腸・肛門外科腸・腸間膜感染症

 アニサキス症はAnisakis亜科の線虫が人体に侵入して引き起こす病態で、1960年にヒトへの感染例が報告された1)。...

アメーバ症

カテゴリー:外科大腸・肛門外科腸・腸間膜感染症

 アメーバ症は世界各地に分布しており、世界で約5億人が感染している1)。発症率は、アジアでは10%を超えるのに対してヨー...

腸管出血性大腸菌感染症

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども腸・腸間膜感染症

 腸管出血性大腸菌感染症は、いわゆるO-157を代表とする病原性大腸菌のある一群による感染症で、汚染された食材や水を摂取...

胎便性腹膜炎

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども腹壁・陰嚢

 胎便性腹膜炎とは出生前および周産期に何らかの原因で消化管が穿孔し、胎便が腹腔内に漏出することによって生じる病態を指す。...


このページを印刷

診療科別