外科 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷

「外科」一覧

三尖弁疾患

カテゴリー:外科一般外科心臓

 正常の三尖弁は前尖、中隔尖、後尖から成り、右室の乳頭筋によって支えられています。三尖弁の多くの疾患はこれらの弁尖および...

僧帽弁疾患

カテゴリー:循環器内科外科心臓外科心臓

 僧帽弁は大きな前尖と小さな後尖から成り、それぞれ3つのscallopに分けられ、左心室の前、後乳頭筋および腱策により支...

てんかん

カテゴリー:内科総合内科神経内科外科脳神経外科小児精神精神科乳幼児、子どもこころ

世界保健機構(WHO)はてんかんを、「大脳神経細胞の過剰な発射に由来する、反復性の発作を主徴とする慢性の脳疾患」と定義し...

顎関節症

カテゴリー:外科歯科歯・あご関節筋肉

 顎関節症とは「顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節(雑)音、開口障害ないし顎運動異常を主要症候とする慢性疾患群の総括的診断名であ...

肥厚性幽門狭窄症

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

 新生児期から乳児期早期に発症する疾患で、幽門筋肥厚により胃内容の通過障害をきたす。臨床症状として噴水状嘔吐を呈する。頻...

後部尿道弁

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども尿道

 精丘から遠位側に向かって左右両側に分かれ、膜様部尿道に向けて斜走する粘膜隆起が著しくなって弁となったものである(You...

真性包茎

カテゴリー:小児小児科小児外科尿道

 包茎とは包皮が亀頭部を覆っている状態であり、包皮口が狭く亀頭部を出そうと包皮をずりさげても露出できないのが真性包茎であ...

尿道下裂

カテゴリー:小児小児科小児外科乳幼児、子ども尿道

 外尿道口が正常の亀頭部先端まで作成されず、亀頭部から会陰にかけての陰茎腹側に後退して位置する異常である。多くは陰茎の屈...

進行性骨化性線維異形成症

カテゴリー:整形整形外科乳幼児、子ども筋肉

 進行性骨化性線維異形成症[Fibrodysplasia ossificans progressiva: FOP]は、小...

骨形成不全症

カテゴリー:整形整形外科

 骨形成不全症は易骨折性を示す骨系統疾患の代表であり、その発生頻度は2~3万出生に1である。本症の分類法はいくつかあるが...

角化嚢胞性歯原性腫瘍

カテゴリー:外科歯科歯・あご

 歯原性良性腫瘍の一つで、以前は歯原性角化嚢胞として知られていた。顎骨内で歯の萌出する領域に発現する。あるいは埋伏歯の歯...

修正大血管転位

カテゴリー:外科血管外科心臓外科心臓血管

 修正大血管転位は比較的まれな心奇形で、わが国の先天性心疾患剖検例の1.2%を占める1)。房室錯位atrioventri...

単心室

カテゴリー:外科血管外科心臓外科心臓血液血管

 一つの主心室に両側房室弁または共通房室弁が同時挿入する心房心室並列異常を主徴とし、しばしば円錐動脈幹奇形を合併した複合...

三尖弁閉鎖

カテゴリー:外科血管外科心臓外科心臓血管

 三尖弁閉鎖は三尖弁口が閉鎖し、心房と右室の交通が遮断された奇形で、全先天性心疾患の1-3%を占め、比較的頻度の少ない疾...

総動脈幹

カテゴリー:外科血管外科心臓外科心臓血管

 新生児期に重篤な心不全症状を呈し、この時期に治療を必要とする心疾患の1-4%で死亡率も高いが、全先天性心疾患でみると0...

左心低形成症候群

カテゴリー:外科血管外科心臓外科心臓血液血管

 左心低形成症候群 hypoplastic left heart syndrome (HLHS) は大動脈弁閉鎖または高...

小児内視鏡下手術

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

 内視鏡手術とは、広義には消化管、気道あるいは尿路内などの管腔内に内視鏡を挿入して行う管腔内手術も含まれるが、本稿では腹...

特発性食道破裂

カテゴリー:外科胃・食道外科食道

 食道に器質的な疾患や直接的外力が加わることがない状態で、突発的に食道全層の断裂を来す疾患のことである。1724年Boe...

アカラシア

カテゴリー:外科胃・食道外科食道

 下部食道噴門部括約筋(Lower esophageal sphincter:LES)の弛緩不全により食物の通過障害や食...

先天性食道狭窄症

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども食道

 食道壁の先天的な発生異常によって食道狭窄をきたす疾患で、25,000~50,000人に1人の頻度でみられる。食道閉鎖症...

食道アカラシア

カテゴリー:小児小児外科食道

 アカラシアとは、嚥下時に本来起こるべき下部食道括約筋(LES, lower esophageal sphincter)...

消化管重複症

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 消化管重複症(Duplication of the alimentary tract)は、それまでenterogeni...

晩期循環不全

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

 晩期循環不全は、2000年以降本邦での報告数が増加した早産児の合併症の一つである。本症は、早産児、特に在胎期間が28週...

腸アニサキス症

カテゴリー:外科大腸・肛門外科腸・腸間膜感染症

 アニサキス症はAnisakis亜科の線虫が人体に侵入して引き起こす病態で、1960年にヒトへの感染例が報告された1)。...

アメーバ症

カテゴリー:外科大腸・肛門外科腸・腸間膜感染症

 アメーバ症は世界各地に分布しており、世界で約5億人が感染している1)。発症率は、アジアでは10%を超えるのに対してヨー...

滑膜肉腫

カテゴリー:整形整形外科関節筋肉がん

 滑膜肉腫は青年期(15~35歳) の男性の軟部に多く発生する悪性腫瘍です。滑膜という名前がついていますが滑膜から発生し...

悪性線維性組織球腫(骨)

カテゴリー:整形整形外科

 病理学的には、「花筵状パターンを示す線維芽細胞ならびに多形細胞よりなる悪性新生物」と定義されています。このように書かれ...

悪性線維性組織球腫(軟部)

カテゴリー:整形整形外科関節

 悪性線維性組織球腫は、骨ならびに軟部の両方に発生する原発性悪性腫瘍です。「肉腫」と呼ばれる筋肉や骨などに発生する「がん...

急性陰嚢症

カテゴリー:小児小児外科男性性器

 急性陰嚢症(acute scrotum)とは、陰嚢の急激な有痛性腫脹をきたす疾患の総称である。緊急手術が必要な疾患が含...

精巣腫瘍

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども男性性器

 精巣および傍精巣組織から発生する腫瘍は、小児固形腫瘍の約2%を占め、2歳前後に最もよくみられる。人種によってその頻度は...

停留精巣・移動性精巣

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども男性性器内分泌

 停留精巣は精巣が正常の下降経過の途中で停留して、陰嚢底部にまで到達していない状態である。移動性精巣は、精巣が鼡径部と陰...

胎児における外科治療

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

 近年、先進国における新生児死亡の原因においては、かつての後天的疾患は影を潜め、その主体は先天的疾患が占めるようになって...

前立腺癌

カテゴリー:外科男性泌尿器科男性科男性男性性器がん

 前立腺癌は骨転移を来しやすく、難治性の癌という印象であったが、近年は前立腺特異抗原(PSA)検診を受ける人が増加し、早...

漏斗胸, 鳩胸

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども胸壁・縦隔

 漏斗胸は,胸骨と肋軟骨および肋骨の一部が脊柱方向に向かって漏斗状に陥凹した胸壁の異常,またはその変形の状態をいう。 逆...

関節リウマチ

カテゴリー:アレルギー科リウマチ科外科整形整形外科関節リウマチ・膠原病

 関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)は、原因不明とされる全身性炎症性疾患で、病状が進行すると徐々に...

食道良性腫瘍

カテゴリー:外科胃・食道外科食道

 我が国では、食道に発生する腫瘍は圧倒的に扁平上皮癌が多く、良性腫瘍は稀である。また、良性腫瘍の大半を非上皮性腫瘍である...


このページを印刷

診療科別