半月損傷 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷
最終更新日:2010.11.15

半月損傷 (はんげつそんしょう)

meniscal tear

執筆者: 中川 匠

概要

 大腿骨顆部と脛骨高原との間にある線維軟骨である内側半月および外側半月は、荷重時などに関節軟骨や軟骨下骨に加わる応力を分散させるshock absorberとして機能している。半月損傷は単独でも発生するが、前十字靱帯損傷に合併した損傷としても発生する。半月損傷は正常の膝のバイオメカニクスを破綻させ、さまざまな症状を引き起こすとともに、続発性変形性膝関節症のリスクを増加する。

病因

 スポーツ中に膝を捻ったりするなどの外傷が契機として発症する場合と、中高年の半月損傷のように明らかな外傷機転がなく発生する場合がある。前十字靱帯損傷に合併した半月損傷は、繰り返す膝くずれを契機としたり半月に過大なストレスが加わることにより発生する。外側半月が先天的に通常より大きく円板状半月の場合は、若年者でも明らかな外傷機転が伴わない場合もある。

病態生理

 半月はC字形を呈したI型コラーゲン線維からなる線維軟骨であり、コラーゲン線維は円周状に配列する。その断面の最も辺縁寄りの3分の1には血管および神経が豊富に分布するのに対し、内側より3分の1には分布せず、中間の3分の1は中程度であるとされる。一般に血流の乏しい組織では修復能力が劣り、血流の豊富な組織は良好な修復能力が期待されるので、半月縫合術などの治療を選択する時の目安となっている。内側半月は半円状を呈しその辺縁が関節包や内側側副靱帯深層に付着しているため可動性が乏しいのに対し、外側半月はぼぼ円形を呈し可動性は大きい。半月に損傷が生じると引っかかり感や疼痛などが生じたり、関節水症を繰り返すことがある。バケツ柄損傷のように半月がめくれ返って、大腿骨か部と脛骨の間にはさまりこまれた場合には関節可動域制限が生じる。

臨床症状

 関節裂隙を中心とした引っかかり感や疼痛が、歩行時や膝を捻った(twisting)時や深く曲げた(deep squatting)時に生じる。関節水症が生じたり、半月のlockingが生じたときは膝の伸展制限、強制伸展時痛が生じる。理学的所見関節裂隙の圧痛、大腿四頭筋の萎縮 McMurrayテスト患者は診察台に仰臥位で横たわり、検者は膝関節および股関節を最大屈曲させ、膝を伸展させながら内反外旋もしくは外反内旋のストレスをかけ、クリックや疼痛が誘発されるかどうか検査する。

治療

 保存的治療と外科的治療があり、中高齢者の内側半月後節の水平断裂で明らかなメカニカルな症状がないものに対しては消炎鎮痛剤の処方、大腿四頭筋の強化訓練を中心とした保存療法が選択される。保存療法に抵抗性の中高齢者の変性断裂や、症状があり画像所見でもはっきりと半月損傷がある若年のスポーツ選手には関節鏡による鏡視下手術が行われる。最も高頻度に行われる治療は半月部分切除術(partial meniscectomy)であり、触診にて異常可動性のある部分を切除する。切除は可及的最小限にとどめ、半月のshock absorberとしての機能の温存を図る。損傷が辺縁部の血管の豊富な組織にある場合は、半月損傷の治癒を期待して異常可動性がない場合は損傷部のラスピング、損傷部の異常可動性がある場合は半月縫合術が行われる。

予後

 半月損傷は適切に治療が行われれば、疼痛は改善しスポーツ活動に復帰することが可能になる。しかしながら外科的治療により半月の部分切除後に半月機能が喪失した場合には、スポーツ活動レベルに支障が生じたり長期的には変形性膝関節症のリスクが増大する。

最近の動向

 関節鏡ならびに関節鏡下器械の進歩に伴い、低侵襲に安全に半月縫合が技術的に可能となった。

(MyMedより)推薦図書

1) 山本晃永・松田直樹 著、サッカークリニック 編集:サッカー小中高生のためのメディカル・サポート,ベースボールマガジン社 2008

2) 大谷内輝夫 著:ひざ痛、股関節痛は自分で治せる―つらい痛みが解消し、歩行も正座もできる! (ビタミン文庫),マキノ出版 2006

3) 井上和彦・福島茂 著:新・ひざの痛い人が読む本 「変形性膝関節症」痛み解消Q&A (ブルーバックス) ,講談社 2006
 

免責事項

情報の正確性には最善の注意を払っておりますが、内容により生じた損失、損害についてMyMedおよび執筆者はいっさいの責任を負わないものとします。
ご自身の健康上の問題については、専門の医療機関とご相談ください。

※ この記事に関するご意見をお聞かせください。


このページを印刷

診療科別


※ マイメドでは、疾患項目の追加、および最新情報をお知らせするためにメールマガジンを配信しております。ご希望の方は下記にメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。
  なお、次の職業の方は、職業をご選択の上、メールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。

メールアドレス: メールアドレス(確認用):
医療関係者の方はご選択ください: