腰椎すべり症 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷
最終更新日:2010.11.18

腰椎すべり症(ようついすべりしょう)

執筆者: 山崎 隆志

概要

 すべりとは椎体が下位椎体に対して前方にずれている状態をいい、そのために腰痛や下肢痛などの症状が出現した場合に腰椎すべり症という。すべりがX線により発見されても全く無症状のことも多い。

病因

 腰椎は前彎しており、腰椎にかかる荷重は椎間板への垂直の圧力と腰椎を前方へ移動させようとするshearing forceに分かれる。なんらかの理由で腰椎がそのshearing forceに抗しきれずに腰椎が前方に移動した状態を腰椎すべりという。抗しきれない原因が分離にあると考えられる場合を分離すべり症、分離がなく、腰椎の変性が主因と考えられる場合を変性すべり症(無分離すべり症)、先天的に腰椎に形成不全がありその脆弱性が主因と考えられる場合を形成不全性すべり症という。その他外傷によるすべりや腫瘍や感染による骨破壊によりすべりが生じることもあるが稀である。

病態生理

 腰椎にかかるsharing forceが椎間関節や椎間板の生理的許容範囲を超えているために、腰椎が不安定化し腰痛が生じる。分離、形成不全など原因疾患による腰痛も合併する。すべりにより神経組織が圧迫されると脊柱管狭窄症となる。

臨床症状

自覚症状

 腰痛と下肢痛が生じる。動作時に腰痛が出現しやすい。神経圧迫があれば、脊柱管狭窄症としての症状、すなわち、下肢痛、しびれ筋力低下などによる間欠跛行が生じる。

他覚症状

 腰痛や下肢痛は腰椎伸展位で増強することが多い。すべりの程度が大きい場合は棘突起の段差を視診、触診することが可能である。神経根の圧迫がある場合はKemp徴候が陽性となる。圧迫された神経の支配領域に知覚障害や筋力低下が生じる。

検査成績

 X線側面像ですべりは容易に診断される。分離を合併していれば分離すべり、仙骨上縁のドーム化や分離や二分脊椎などの形成不全を合併していれば形成不全性すべり、それらがなければ変性すべりとされる。下肢症状がある場合はMRIで脊柱管狭窄がないかを確認する。

診断・鑑別診断

 すべりの有無はX線により容易である。しかし、腰痛や下肢痛がすべり由来であるかどうかの診断にはMRIや脊髄造影、神経根造影などの各種造影検査が必要となる。

治療

保存療法

 腰痛の強い時期にはコルセットによる体幹の保護、疼痛を生じない日常生活を送るなどの生活指導、消炎鎮痛薬や硬膜外ブロックによる疼痛コントロールが有用である。形成不全性すべりを除いて、すべりは停止し、腰椎は安定化するのでそれまで対症療法を行う。

手術療法

 形成不全性すべりは進行し腰椎下垂症にいたる可能性が高いので保存療法を省略し手術がよい。分離すべりでもまれに50%を超えるすべりがありこの場合も保存療法を省略して手術を考えてよい。それ以外の場合は十分な保存療法にもかかわらず日常生活に支障がある場合に手術適応となる。
手術は脊椎固定術が一般的である。固定術には前方固定、後側方固定、後方椎体間固定などの方法があり一長一短がある。固定術にはすべりの矯正、早期後療法、確実な骨癒合を目指して脊椎にスクリューやワイヤーやロッドなどの金属を用いる方法(インスツルメンテーション)が併用されている。脊柱管狭窄症症状が主体で、かつ、すべりが軽度で画像上不安定性が認められない場合は固定術を行なわず除圧術のみでも対応可能である。

予後

 手術の成績はおおむね良好である。しかし、固定術では隣接椎間に障害が生じやすい、インスツルメンテーションを併用すると手術合併症が多くなる、などの問題がある。一方、除圧術のみでは手術を行なった部位でのすべりの進行や狭窄の再発などの心配がある。

執筆者による主な図書

1) 三宅祥三 監修,長田薫 編集,山崎隆司 分担執筆(整形外科担当):これだけは知っておきたい医療禁忌,羊土社 2004

2) 吉澤英造 編集,山崎隆司 分担執筆(ブロック療法担当):インフォームド・コンセントのための図説シリーズ 腰部脊柱管狭窄症,医薬ジャーナル 2003

3) 中村耕三 編集,山崎隆司 分担執筆(腰仙椎部担当):整形外科領域の痛み―外来診療での診断と治療のエッセンシャル,真興交易医書出版部 1999

4) 中村耕三 監修,織田弘美・高取吉雄 編集:整形外科クルズス,南江堂 2003

5) 中村耕三 監修, 星地亜都司・織田弘美・高取吉雄 編集:整形外科手術クルズス,南江堂 2006

執筆者による推薦図書

星地亜都司 著:Critical Thinking 脊椎外科,三輪書店 2008

(MyMedより)その他推薦図書

1) 仲田和正 著:手・足・腰診療スキルアップ (CBRレジデント・スキルアップシリーズ (4)) 6版,シービーアール 2004

2) Carolyn Richardson・Julie Hides・Paul W. Hodges 著, 齋藤昭彦 翻訳:腰痛に対するモーターコントロールアプローチ―腰椎骨盤の安定性のための運動療法,医学書院 2008

 

免責事項

情報の正確性には最善の注意を払っておりますが、内容により生じた損失、損害についてMyMedおよび執筆者はいっさいの責任を負わないものとします。
ご自身の健康上の問題については、専門の医療機関とご相談ください。

※ この記事に関するご意見をお聞かせください。


このページを印刷

診療科別


※ マイメドでは、疾患項目の追加、および最新情報をお知らせするためにメールマガジンを配信しております。ご希望の方は下記にメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。
  なお、次の職業の方は、職業をご選択の上、メールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。

メールアドレス: メールアドレス(確認用):
医療関係者の方はご選択ください: