Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_e28337a68aef048aa9891075bd3c459e, O_RDWR) failed: Read-only file system (30) in /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/di/disease.php on line 9

Warning: session_start(): Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/di/disease.php:9) in /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/di/disease.php on line 9

Warning: session_start(): Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/di/disease.php:9) in /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/di/disease.php on line 9
潰瘍性大腸炎 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷
最終更新日:2011.05.09

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)

ulcerative colitis, UC

執筆者: 篠崎 大

概要

 明らかな外因なく、大腸粘膜を主座として生じる炎症性腸疾患。全国的には13万人以上の人がかかっていると推定されている。

病因

 免疫的な機序が想定されているが、詳細は明らかになっていない。いわゆる遺伝病ではない。一卵性双生児の発症一致率は10%程度であり、発症に環境的な要因の関与が強く想定される。

病態生理


臨床症状

 下血、下痢、粘液便が主な症状である。発熱、腹痛、貧血、体重減少、しぶり腹などが認められるた場合、重症であることが多い。小児では成長障害が起こりうる。

検査成績

 大腸内視鏡で、発赤・びらん・血管透見像の消失・出血・潰瘍を認める。便や粘膜の培養検査で感染性腸炎を否定する。重症などで深部大腸の評価が困難なときには、注腸検査を行う。深掘れ潰瘍はカフスボタン状に認められる。炎症が長期間続くと鉛管像を示すようになる。血液検査では、貧血・低蛋白血症・炎症反応・肝機能(薬の副作用)・腎機能(脱水など)等をチェックする。

診断・鑑別診断

 厚生省研究班から診断基準が出されている(図3)。

図3.診断基準

治療

基本薬は5-アミノサリチル酸である(商品名はペンタサ、アサコール、サラゾピリン)。
無効の時に、ステロイド・血球除去療法・免疫調節薬・抗TNFα抗体製剤が用いられる。
再燃(いったん良くなっても、再び悪化すること)することが多いので、いい状態を続けるために症状が落ち着いていても5-アミノサリチル酸、または免疫調整薬を続けることが肝要である。
薬が効かない時、頻繁に再燃を繰り返す場合には手術が必要となる。

予後

 一般的に、他の病気のない人たちと同等であり、きちんと治療していれば死亡することは少ない。かかった人の10-20%は最終的に手術となる。しかし、大腸がんに罹患することが他の人より多く、特に「がん」の症状が出てから治療した場合には死亡率が高い。このため、無症状であっても積極的に検査(サーベイランス内視鏡)を行い「がん」や前癌状態といわれるdysplasiaの早期発見に努める。

最近の動向


病型分類

罹患範囲による分類


直腸から連続性に冒されるため、直腸のみ(直腸炎型)、脾弯曲部まで(左側大腸炎型)、脾弯曲部を超える範囲(全大腸炎型)の3型に分けられる。日本では従来、横行結腸中央部までを左側大腸炎型と称していたが、海外との統一のため近年変更された。例外的に、右側のみに炎症のある右側大腸炎型が加えられることもある。

 図1.病型分類


臨床経過による分類


初回発作型(初回のみ炎症あり)、再燃緩解型(再燃と緩解を繰り返す)、慢性持続型(炎症が続く)、急性電撃型(初回に非常に強い炎症をもつもの)に分類する。

 図2.臨床経過の分類


重症度による分類


軽症、中等症、重症、劇症に分類される。

図1.病型分類
図2.臨床経過の分類

内科治療

 厚生労働省の研究班から治療の治療指針が出されており、一般的にはこれに基づいて治療が行われる。

図4.UC治療指針(案)

外科治療(手術)

 最終的にUCの10-20%は手術が必要となる。

適応


難治、重症、癌化、toxic megacolonなど


術式


大腸亜全摘+回腸嚢肛門管吻合術、大腸(亜)全摘+回腸嚢肛門吻合術、結腸全摘+回腸直腸吻合術、大腸全摘+回腸人工肛門造設術、が主な術式となる。

図5.潰瘍性大腸炎に対する術式



術後はステロイドなどの治療が不要になることが多い。回腸嚢肛門(管)吻合術では手術直後は1日10回以上の排便回数だが、次第に減少し平均6回程度となる。また、30分以上便を我慢することが可能なため、通常の生活で困ることは多くない。また、失禁が見られることがある。長期経過で問題となるのは回腸嚢炎で、術後症例の10-50%程度が罹患する。これに対しては、抗生物質が有効であることが多い。


(MyMedより)推薦図書

1) 日本炎症性腸疾患協会 編集:潰瘍性大腸炎の診療ガイド,文光堂 2007

2) 斎藤恵子 著、日本炎症性腸疾患協会・福島恒男 編集:潰瘍性大腸炎 患者が本当にききたいこと―129のQ&A付・診療医リスト、安心レシピ,弘文堂 2008

3) 石川秀樹 著:潰瘍性大腸炎と上手に付き合う本―病気を理解して上手に付き合えば大丈夫,三雲社 2010


 

免責事項

情報の正確性には最善の注意を払っておりますが、内容により生じた損失、損害についてMyMedおよび執筆者はいっさいの責任を負わないものとします。
ご自身の健康上の問題については、専門の医療機関とご相談ください。

※ この記事に関するご意見をお聞かせください。


このページを印刷

診療科別


※ マイメドでは、疾患項目の追加、および最新情報をお知らせするためにメールマガジンを配信しております。ご希望の方は下記にメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。
  なお、次の職業の方は、職業をご選択の上、メールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。

メールアドレス: メールアドレス(確認用):
医療関係者の方はご選択ください:

Warning: Unknown(): open(/var/lib/php/session/sess_e28337a68aef048aa9891075bd3c459e, O_RDWR) failed: Read-only file system (30) in Unknown on line 0

Warning: Unknown(): Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/var/lib/php/session) in Unknown on line 0