大腿骨頭壊死症 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷
最終更新日:2010.11.02

大腿骨頭壊死症(だいたいこつとうえし)

執筆者: 苅田 達郎

概要

 大腿骨頭の阻血のために生じます。骨頭壊死が起きた直後には無症状ですが、壊死の範囲が体重を支える部分に相当する場合には大腿骨頭が潰れる(圧潰といいます)ため痛みが生じます。圧潰が進行すると、骨頭の形は変形します。その後、寛骨臼の軟骨にも変性が起きて徐々に股関節の形が変わっていきます。一方、壊死範囲が小さい場合には、圧潰が起きないか、起きてもごくわずかの為にあまり日常生活に支障をきたさずに過ごすことができる場合もあります。

病因

 明らかな原因がある症候性のものと、直接の原因が明らかではない特発性のものとに分類されています。症候性には、外傷によるもの、潜函病などの塞栓によるものがあります。特発性には過去のステロイド剤の大量使用やアルコール多飲が関連していると考えられるものがあります。

臨床症状

 壊死が発生した直後には無症状です。壊死範囲にもよりますが、荷重に耐えられずに、骨頭が圧潰した場合にはじめて疼痛が出現します。壊死が発生していても骨頭に圧潰がおきなければ無症状なので本症が発症したとはいいません。また、壊死が発生してから本疾患が発症するまである程度の期間がかかることが知られています。

診断・鑑別診断

 レントゲン所見では、骨頭に圧潰があるか軟骨下に骨折線があること。骨頭内に帯状の硬化像があり、病期が進んでいなければ関節の幅はたもたれており、寛骨臼側には異常はみられません。レントゲン像上では異常所見が見られない場合でも、MRIや骨シンチグラムを用いると壊死が分かることがあります。ただし、関節症変化が進行して股関節の形が大きく変形してしまうと、レントゲン画像だけでは大腿骨頭壊死がどうか明確にはならなくなります。

治療

 進行度を示す病期と壊死範囲から分ける病型分類をもとに治療方針を決定することが重要です。日本では厚生労働省「特発性大腿骨頭壊死症調査研究班」による分類を用いるのが一般的です。

保存療法

 壊死範囲の少ないものでは注意深く経過観察をします。特に病型のtype A分類といって、壊死範囲が荷重面の内側にごく限局している場合には、将来に骨頭が圧潰する可能性が10%未満と考えられています。また、他の病型でも症状がない場合には股関節への負担の軽減や生活の指導をします。

手術療法

 骨頭の圧潰が起きて、日常生活に支障をきたすようにと検討することになります。しかし、圧潰して疼痛に悩まされても数ヶ月するとその痛みは落ち着いてくることが多いものです。あわてることなく専門医に相談をしてください。手術療法についても、病期や病型、年齢、社会的背景に基づいて方針を決定するのが一般的です。専門医への相談をお勧めします。手術方法として以下のものがあります。

関節温存

 主なものとして
1.大腿骨転子部回転骨切り術(杉岡式骨切り術) 
2.大腿骨内反骨切り術 
3.Core decompression 
4.骨移植術
などがあります。

人工股関節全置換術・人工骨頭置換術

 などがあります。

(MyMedより)推薦図書

1) 山本一彦 編集:ステロイド薬の選び方・使い方ハンドブック,羊土社 2007

2) 大和田潔 著:副作用―その薬が危ない,祥伝社 2005

3) 鳥巣岳彦・国分正一 監修、中村利孝・内田淳正・松野丈夫 編集:標準整形外科学 (STANDARD TEXTBOOK),医学書院 2008

免責事項

情報の正確性には最善の注意を払っておりますが、内容により生じた損失、損害についてMyMedおよび執筆者はいっさいの責任を負わないものとします。
ご自身の健康上の問題については、専門の医療機関とご相談ください。

※ この記事に関するご意見をお聞かせください。


このページを印刷

診療科別


※ マイメドでは、疾患項目の追加、および最新情報をお知らせするためにメールマガジンを配信しております。ご希望の方は下記にメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。
  なお、次の職業の方は、職業をご選択の上、メールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。

メールアドレス: メールアドレス(確認用):
医療関係者の方はご選択ください: