肘部管症候群 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷
最終更新日:2010.11.02

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)

cubital tunnel syndrome

別名: CuTS

執筆者: 山本 真一

概要

 肘での尺骨神経障害であり、初期は小指と環指半分のしびれが生じ、進行すると手の筋肉がやせて使いづらくなる。

病因

 肘関節の加齢に伴う変形や、靱帯・ガングリオンなどによって、肘部管というトンネル部分で尺骨神経が圧迫される。小児期の肘の骨折後の変形のために、遅発性に生じることもある。

病態生理

 肘の内側にある肘部管というトンネル部分で尺骨神経が慢性的に圧迫(絞扼)されて生じる。(図1)

臨床症状

 小指と環指半分とその付け根部分のしびれ感が生じる。

 手の筋肉(手内筋)がやせて(萎縮)、小指と環指に変形(かぎ爪指変形、図2)が生じ、指先の細かい動作がやりづらくなる。

検査成績

 レントゲン検査では、肘関節の加齢変化や骨折後の変形がみられることがある。異常が見られない場合には、MRIなどを行うこともある。

電気を用いた検査が確定診断に必要である。

診断・鑑別診断

 肘の内側を押したり叩くと、しびれが指先にひびく。(ティネル徴候)

 肘をしばらく曲げていると、しびれが悪化する。(肘屈曲テスト)

 頚椎疾患などとの鑑別には電気を用いた検査が必要。

治療

 整形外科・手の外科専門医に相談してください。

 まずは、飲み薬の服用や、肘を曲げた状態をなるべく続けないように気をつける。

 通常は進行性なので、一般には手術的治療によって圧迫の原因を取り除く。骨を削ったり、神経を前方へ移動させることが多い。

予後

 一般には早期手術であれば良好だが、進行した著しい筋萎縮の回復は必ずしも良好ではない。

 進行する前の早期手術が奨められる。

最近の動向

 近年小切開手術が試みられており、短期成績は良好のようであるが、長期成績は不明である。

参考文献

整形外科手術クルズス 改訂第2版 南江堂

(MyMedより)推薦図書

1) 仲田 和正 著:手・足・腰診療スキルアップ (CBRレジデント・スキルアップシリーズ (4)),シービーアール 2004

2) 高岸憲二・三浪明男 編集:上腕・肘関節・前腕 (最新整形外科学大系) ,中山書店 2008

3) 岩本 幸英 監修、金谷文則 編集:手の外科の要点と盲点 (整形外科Knack&Pitfalls),文光堂 2007

4) 福田国彦・丸毛啓史 編さん:救急・当直で必ず役立つ!骨折の画像診断―全身の骨折分類のシェーマと症例写真でわかる読影のポイント,羊土社 2008
 

免責事項

情報の正確性には最善の注意を払っておりますが、内容により生じた損失、損害についてMyMedおよび執筆者はいっさいの責任を負わないものとします。
ご自身の健康上の問題については、専門の医療機関とご相談ください。

※ この記事に関するご意見をお聞かせください。


このページを印刷

診療科別


※ マイメドでは、疾患項目の追加、および最新情報をお知らせするためにメールマガジンを配信しております。ご希望の方は下記にメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。
  なお、次の職業の方は、職業をご選択の上、メールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。

メールアドレス: メールアドレス(確認用):
医療関係者の方はご選択ください: