アセトン血性嘔吐症 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷
最終更新日:2010.11.30

アセトン血性嘔吐症(あせとんけっせいおうとしょう)

執筆者: 長尾 芳朗

概要

 アセトン血性嘔吐症は俗に自家中毒とも称され、日常よくみられる疾患であるが、病因、病態生理には不明の点も多い。大体5歳頃から始まる小児の疾患であるが、稀に成人にもみられる。欧米ではアセトン血性嘔吐症という診断名はなく、周期性嘔吐症(cyclic vomiting syndrome)という病名が用いられる。近年欧米などでは本症の患者の家族歴に片頭痛の患者が多いことが知られるようになり、本症を片頭痛の亜型と捉える臨床家も多い。

病因

 アセトン血性嘔吐症の病因は不明である。精神的ストレスや緊張、感染症、疲労、月経などが引き金になって発症することが多い。

病態生理

 アセトン血性嘔吐症の病態生理はよくわかっていない。MELASの患者に本症に似た症状が出現することから、ミトコンドリアの機能との関係が議論されている1)

臨床症状

 アセトン血性嘔吐症は嘔気、嘔吐が基本であり、吐物は胆汁性であったり、血性であったりする場合もある。治療を行わなければ数日間も嘔吐を繰り返すことがある。嘔吐以外には腹痛、頭痛、知覚過敏などの症状を伴うことがある。

検査成績

 血中や尿中でケトン体が増加する。実地診療においては、尿中のケトン体の定性試験で十分である。その際簡易血糖測定器で血糖値も調べておくとケトン性低血糖症を否定できる。嘔吐が強く排尿がない場合、輸液で利尿をつけてからケトン体を測定する場合が多いが、ソリタT1などにもブドウ糖が含まれているので、輸液施行前に血糖値を調べておかないとケトン性低血糖症は鑑別できなくなる。

診断・鑑別診断

 一般的に小児は嘔気・嘔吐の症状が持続すると血中にケトン体が増加しやすい。そのため嘔吐と尿中ケトンの増加のみで安易にアセトン血性嘔吐症と診断するのは避け、他の徴候に注意する。アセトン血性嘔吐症と鑑別すべき疾患は急性胃腸炎などの消化器疾患、てんかん自律神経発作や脳腫瘍・頭蓋内出血などがある。ケトン性低血糖症とその鑑別疾患(表1)も重要であり、低血糖がないことを確認する必要がある。 (表1)


表1. ケトン性低血糖症の鑑別疾患

治療

嘔気の改善

 嘔気・嘔吐がそれ程強くない時は、ナウゼリン座薬(10mgまたは30mg)を挿入して、15~30分してから、経口補液飲料(アクアライトなど)を少量ずつ与えてみる。

輸液(脱水の改善)

 嘔気・嘔吐が強い場合は輸液を行うが、主に電解質が失われた脱水状態と考えて良く、等張~低張性脱水として治療を開始する。一般的には輸液開始液 (ソリタT1など)の輸液から行うが、低血糖がなくともブドウ糖を供給することで脂肪の分解を抑制できるので、20%ブドウ糖液を20~40ml程加えた方が良い。

予後

 アセトン血性嘔吐症の予後は概して良好で、一般的に14-5歳頃までに軽快するが、片頭痛に移行する例もある。

最近の動向

 BolesらはMELASの患者にアセトン血性嘔吐症(周期性嘔吐症)と同様の症状が出現することに着目し1)、アセトン血性嘔吐症のほぼ半分の患者でミトコンドリアDNAにある種の多型が見られることを報告している2)。本症の患者の母親には片頭痛、うつ病、過敏性大腸症候群甲状腺機能低下症の発症率が高く、ミトコンドリアDNAは100%母親由来であることから、Bolesらは、アセトン血性嘔吐症はこれらの疾患を発症しやすい傾向のあるミトコンドリアDNAの多型を保有する個体に出現する稀な病像ではないかと推測している3,4)。

参考文献

1) Boles RG, et al. Cyclic vomiting syndrome and mitochondrial DNA mutations. Lancet.1997; 350: 1299-1300.

2) Boles RG, et al. Maternal inheritance in cyclic vomiting syndrome. Am J Med Genet A 2005 ; 133: 71-77.

3) Boles RG, et al.: Maternal inheritance in cyclic vomiting syndrome with neuromuscular disease. Am J Med Genet A 2003; 120: 474-482

4) Wang Q, et al. Mitochondrial DNA control region sequence variation in migraine headache and cyclic vomiting syndrome. Am J Med Genet A. 2004; 131: 50-58.

(MyMedより)推薦図書

1) 清水俊彦 著:こどもの頭痛を治す本 頭痛・乗り物酔い・立ちくらみ・自家中毒がわかる,角川学芸出版 2009

2) 清水俊彦 著:ママ、頭が痛いよ!―子どもの頭痛がわかる本,ワンツーマガジン社 2006

3) 椎原弘章 著:小児の頭痛診かた治しかた (小児科臨床ピクシス 12),中山書店 2009
 

免責事項

情報の正確性には最善の注意を払っておりますが、内容により生じた損失、損害についてMyMedおよび執筆者はいっさいの責任を負わないものとします。
ご自身の健康上の問題については、専門の医療機関とご相談ください。

※ この記事に関するご意見をお聞かせください。


このページを印刷

診療科別


※ マイメドでは、疾患項目の追加、および最新情報をお知らせするためにメールマガジンを配信しております。ご希望の方は下記にメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。
  なお、次の職業の方は、職業をご選択の上、メールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。

メールアドレス: メールアドレス(確認用):
医療関係者の方はご選択ください: